GWWロゴ

日本自然治癒医学学院、整体、リンパマッサージ、リフレクソロジー、ヨガ等の資格

 
学院理念

*「健美豊和」とは、心身ともに、健康で、美しく、豊かで、調和の取れた、至福に満ち充ちた状態であり、健美豊和な人生のこと、またそのような健美豊和な社会をいう。

 上記のように、日本自然治癒医学学院は、「心身共に健康で、美しく、豊かで、調和の取れた、至福に充ち溢れた、より多くの人たちの人生や社会づくりに貢献することを理念とします。
 当学院は、病気に対し、いたずらに恐怖し、苦悩することなく、安心して幸せに健康的な生活を送ることの出来る健康をつくる天才的能力が人体には元々備わっていることを、長年の体験と研鑽によって明らかにすることが出来ました。「潜在的に自己治癒能力が人体には備わっている」ということに、絶大な確信を持っています。
 21世紀の医学は、単に疾患を治すだけではなく、心身の健康を根本的に快復し、精神面と併せ生活面での経済も豊かで幸せな生き甲斐のもてる人生をつくり得るものではなくてはならないと考えています。
page top ▲


『健美豊和』な世界の建設

 全国への「とか健幸カルチャー教室」の普及は、同時に「真癒医学」の普及であり、真癒医学を理解され「心身共に健幸な人たち(健美豊和な人たち)」が多くなってくれることでしょう。それは、大変大きな意味を持っています。そのようになることで、独自の健幸づくり施設の運営に於いて、集客力を確実に増やすことが出来ると共に、施設とのさらなる相乗効果を得られるからです。
 健康快復リハビリセンター施設(現、トロン真癒医学養生院)の全国への建設・真癒医学理論による新しいコンセプトを持った、プールを備えたスポーツジムやフィットネスクラブ・エステティックサロンや美容整体サロン、アロマ・リンパマッサージサロンの設置。リハビリを主目的にした、他に例のない健康づくりによるコンセプトと設備を持った社会復帰の為の老人ホームの建設。
 また、「健美豊和な世界の建設」に於いて、真に健幸な人たちの住む社会づくりには教育が必要であり、欠かすことの出来ない重要なことかと思われます。付属の幼稚園や小学校・中学校・高校・大学の建設。さらには、自然治癒医学による診療所や病院、そして、自然治癒総合病院の建設を通して、心身両面の真の健康と「健美豊和」な人生や社会づくりに貢献して行きたいと思っています。
page top ▲

学院の役割

 真癒医学理論を学ぶことは、「自然の摂理」に順応するすべを身に付けることであり、総合的に自創式自然療法(自分で健幸をつくる健康法)を修得することです。
 当学院のセミナーを受講することにより、真癒医学を理解できる力が養生されると、人体の起こすサインや状態を把握することが出来るようになります。人体には、心身の健康や幸せをつくり出す能力が初めから備わっていますが、その上手な活用方法に対しても認識を高められます。クライアント(整体やリンパマッサージ、オイルマッサージ、真健法ヨガ療法、智體術ツボ療法、真癒医学の健康相談を受ける人)自からに備わる、健康快復や健康増進、「健美豊和な人生」をつくり出すことのできる能力である自己浄化治療能力(自己浄療能力)が、何かを、先ずは学院に入学した皆様が理解し、クライアントに伝えることで、クライアント自身が、それらの能力を上手に活用して健康快復や美しい痩身、若返りを自らの力で、自らつくることができるようになるのです。

 母親の胎内で、たった10ヶ月ほどで身体を全てつくることのできた人体の中には、自ら治す能力が備わっているのです。クライアント自身が持っている天与の「自己浄療能力」を活用して、最良の結果を出すことが出来ます。当学院の願いは、先ずは、学院生となられた貴方自身に、心身ともに「健美豊和(健幸)」になっていただくと共に、「健美豊和」をつくることの出来る充分な実力を持った人材になっていただくことです。また、学院は、自創式総合自然療法を指導できる人材を育てて行きます。

page top ▲

健美豊和な、人材づくりは可能か・・・

 人間の本来の姿は、「健美豊和(健幸)」であり、人体には、健康快復だけでなく、人間本来の健幸な状態を取り戻すことの出来る、最も優れた「自己浄療能力」や心身両面の「健美豊和づくり能力」が元々備わっているのです。

 心身ともに、人間本来の健康や若さを快復し、心豊かに調和の取れた、至福に充ち満ちた状態をつくるためには、バランスの取れた総合的な自然健康法が最も有効だと言えるでしょう。日常生活の中で、自から簡単に毎日行うことのできる自創式総合自然療法が特に必要になってきます。
 自創式総合自然療法とは、自分自身に備わる最も優れた健康快復への治療能力を活用する方法であり、『心、食、動、療、哲、環、医』の七つのジャンルから総合的に真の健康回復をするために、自分で行う養生法であり健康法のことです。
 基本的には患者自身が、自分自身の、最良の治療能力を活用するのですから、ベストな健康法だと言えるのではないでしょうか。施術を行う当学院の卒業生が自ら「健美豊和」な人生をつくり、クライアントに伝え導き健美豊和な人生をつくっていただけるなら、評判はさらに評判を呼びクライアント(お客様)はさらに口コミで集まりお客様は増加してまいります。
page top ▲

 ますます健康を増進して、美しく若返って、運勢を強化しながら、80歳現役という、正に「80歳は働き盛り」といえそうな方を見かけ驚かされることがあります。群馬県は、人口200万ですが、100歳以上の方が800人を越えたそうです。
長寿するなら、元気に生き甲斐をもって楽しく生きたいものです。できれば何時までも夢を追いかけていたい。そんな本物の健康(健幸)をつくることを学院の役割としています。
「国民全て半病人」、と言われ、メタボを始め生活習慣病気の有効性は増加の一途を辿っていますが、その一方では心身共に健康で幸せになっている人たちが増えていることもまた事実です。
 根本的、また、トータルに最も早く最も効果的な健康快復と若返り、美容痩身や、同時にうんせいのUPをしようと思うには、結果的に「心、食、動、療、哲、環、医」七つの、全て「自創式による健康づくり(「自創式総合自然治療法」)がよいと思われます。当学院では、学院生の皆様に先ずは自ら「自創式総合自然治療法」を修得していただいております。
 根本的に体質や心質を改善し、ホリスティックな人間本来の「肉体、心、霊性、魂」を自浄して、心身共に、真の健康を取り戻し、運勢をUPすことができるのです。当学院は、学院が設立されるまでに自然治癒力の50数年来の実践と研鑽バックボーンにある実践と、そこから生まれた確信に支えられた医学理論(真癒医学)により、このように増え続ける患者と病気の不安や苦悩を減少させ、安心できる健康社会をつくっていきたいと考えています。そのために、先ずは、病気を全面的に健康の敵と決め付けてしまうのではなく、病気の持っている素晴らしい、健康回復、健康増進への有効作用を積極的に見出そうとする努力が重要なのです。

 病気の持っている、発熱や痛みには血行を高め、防御反応や免疫力アップ等、そのほかにも沢山の健康回復への有効作用があることが明確になってきました。
 このような事実が明確に理解され、生活習慣が改善されるにしたがい、患者(クライアント)自身の持っている免疫や自然治癒力、生命力を活かしてクライアント自身が自分自身の治療能力で疾患を治癒し、真の健康を取り戻すことが可能となるのです。

page top ▲

GWWロゴ